残業実績/OJT

OFFICIAL SITEトップ >  リクルート >  残業実績/OJT

残業実績について

 残業時間が多い、有休がとれないなどと、土木コンサルタントのイメージをもたれている方が多いかと思います。
 たしかに一昔前(15年程度前)までは残業を行うことが当たり前の時代がありました。
 しかし、近年では残業をできる限り短縮することで、社員の健康維持、業務利益の確保、成果品質の向上が図れるという考え方に変わりました。
このため、弊社では残業を行わずに仕事が進められることを目標としています。
 現段階では、業務量、業務時期の集中具合により、残業をする必要がでてきますが、業務量を分散したり、チームの編成を工夫することで、できる限り残業時間の削減に努めています。
 2018年度は2017年度と比較し、月平均約6時間の削減(月平均29.5時間)が達成できました。
現段階の目標は月平均20時間以下程度と考えており、今後もより一層の残業時間の削減に取り組む方針です。
 なお、有休休暇の使用について、弊社では、会社、社員の双方のために、積極的な息抜きや家族サービスのための有休消化を推奨しています。
 2017年度、2018年度ともに平均有休消化日数は12日/人となっており、厚生労働省の発表している平均取得日数9.3日の約1.3倍となっています。 有休休暇の使用は社員のリフレッシュのために望ましいと考えています。

OJT(On the Job Training)について

 会社の最大の財産である社員育成のため、弊社では新入社員研修や社員教育の一環として積極的にOJTを取り入れております。
 建設コンサルタントでは、測量の技術をはじめ、地域の特性・ニーズを生かす設計の考え方等、先輩社員から後輩社員への知識や技術の伝達が欠かせません。
 実践を通じて【経験・省察・概念化】の考え方のもと、効率的に業務を行う力を身につけさせることができるよう取り組んでおります。
 また、社員個人の資格の取得についても、会社にて費用を100%援助しており、有資格者も多数在籍しているため、先輩社員からの試験のアドバイスを受けることができます。

受付時間 8:0017:00