私たちの仕事 建設コンサルタント

OFFICIAL SITEトップ >  リクルート >  私たちの仕事 建設コンサルタント
弊社では、設計業務を通じて、
地域の安全の確保、経済発展などに
貢献しています。
 インフラ整備には、安全性、快適性、防災性能、環境空間などの多面的な機能が要求されます。
 また、現地の状況は場所ごとに異なっており、インフラ整備に同じものはありません。
このため、測量部門と綿密に連携を図り、地域のニーズにあったインフラデザインを行います。
 一方、高度経済成長期に建設された公共インフラの多くが、補修や更新が必要な時期を迎えており、本来の機能を維持していくための対策が重要な課題となっています。
 これを踏まえ、維持管理、更新を踏まえた視点をもった技術者が点検を行い、今後の対応を提案いたします。
 これまでの幅広い技術に対応してきた経験を活かし、今後も更に新たな技術に挑戦し対応能力を高め、次世代の要請にお応えいたします。

私たちの設計業務を紹介します!

主な業務内容

道路設計 地域にあった道路設計を行い、地域の発展の促進、安全な交通の確保を目指しています。
河川設計 地域の安全の確保、景観の向上を目指し、地域の状況を考慮した河川の設計を行っています。
橋梁設計 地域に溶け込み、かつ経済的であることを目指した橋梁の設計を行っています。
砂防設計 地域の安全を確保するため、急傾斜地対策や土石流対策を目的とした施設の設計を行っています。
災害対応 災害発生時には、早急な復旧を目指して設計を行います。

業務の流れ

STEP1 設計計画 契約内容を確認し、今後の業務のスケジュールを検討します。
STEP2 現地の確認 土木の設計は規格品ではありません。
場所ごとに出来上がるものは異なります。
このため、設計箇所の状況を調査し、地域にあった設計を目指します。
STEP3 設計業務 前述のように場所ごとに異なる設計ですが、道路や河川、造成工事など一般的に行う業務については、すべて法律や法令によりある程度決定された基準があります。
これに従った中で最も現地の状況、地元のニーズにあったものを提案し、設計をまとめていきます。
STEP4 成果品作成 設計業務を発注者に引き渡すための報告書、図面を作成します。
近年ではCADデータなどの電子データも納品することになっています。
弊社ではほとんどすべての業務はコンピュータを活用し作成しています。


【砂防設計】安良里坂本川(西伊豆町)


【道路設計】市道3140号線(裾野市)


受付時間 8:0017:00